(↑Pinterestでシェアお願いします!)

Diviでグローバルヘッダーを作成する方法

執筆者 | 更新日 2020年03月01日 | Diviの使い方 | コメント0件

Diviのグローバルヘッダーとは?

グローバルヘッダーというのは、2019年10月にリリースされたDivi4.0から導入された機能です。デフォルトで備わっているヘッダーだと、ロゴやメニュー、背景色くらいしか変更できませんが、このグローバルヘッダーを使えば、Diviのページビルダーを使用して、ドラッグ&ドロップでオリジナルのヘッダーを作成することができます。しかも、サイト全体で同じヘッダーを表示させるのではなく、特定の記事にAというヘッダーを表示したり、固定ページにはBというヘッダーを表示したりというのが可能になります。

この記事では、そんなグローバルヘッダーの作り方をご紹介していきます。ただし、ElegantThemes(Diviを販売しているサイト)での契約が済んでいて、WordPressにテーマをインストールしているというのを前提としてお伝えしていきます。

重要Diviは有料のテーマ(プラグインもあり)で、契約が必要になります。こちらの公式サイトで契約をして、WordPressにインストールしてから続きをご覧ください。

Step1. Diviのテーマビルダーに移動する

「Divi」の「テーマビルダー」に移動

まずは、WordPressにログインして、「Divi」の「テーマビルダー」に移動します。そして、「グローバルヘッダーを追加」をクリックしましょう。

Step2. ヘッダーの構築方法を選択する

Diviでヘッダーの構築方法を選択

  • グローバルヘッダーの構築:オリジナルのヘッダーを作成する場合に選択します。
  • ライブラリから追加:Diviで用意されているテンプレートを使用する場合に選択します。

次は、ヘッダーの構築方法を選択します。上記の2種類ありますので、好きな方を選択しましょう。今回は、一から作成していくため、「グローバルヘッダーの構築」の方を選択します。

Step3. デザインタイプを選択する

ヘッダーの構築方法を「最初から構築」、「レイアウトを選択」、「既存ページの複製」から選択

  • 最初から構築:一からデザインしたい場合に選択します。
  • レイアウトを選択:DIviで用意されているテンプレートを選択するときに使います。
  • 既存ページの複製:既存の投稿記事、固定ページを使いときに使います。

そしたら、上記の3種類のデザイン方法方法が画面上に表示されますので、好きなタイプを選択します。今回は、一から作成していくので、「最初から構築」を選びます。

Step4. 行を追加する

Divi 行を選択

次に、行というものを選択します。これは、箱みたいなものです。これ自体にはコンテンツは反映されず、この後に追加するモジュールというもので、文章を挿入したり、メニューを追加したり、画像を表示したりします。好きな行を選択していただいて構いませんが、サイトのロゴとメニューを追加するというのであれば、2カラムを選択しておくと良いと思います。また、2カラムでも、タイプによって左右のカラム幅が異なってきますので、ご注意ください。ただし、後から簡単に変更することができるので、どれを選んでいただいてもOKです。ちなみに、今回は一番左の上から3番目の行を使っていきます。

Step5. 左のカラムにロゴを追加する

Divi モジュールを追加

では、実際にモジュールというコンテンツを行の中に追加していきます。まずは、左のカラムからです。

Divi 画像モジュールを追加

すでに「モジュールを挿入」というポップアップが表示されていると思いますので、一番下にある「画像」を選択して追加します。

Divi デフォルトの画像を削除

ロゴの設定は2通りのやり方があります。まず1つ目は、こちらで画像を設定する方法です。デフォルトの画像をクリックすると、WordPressにアップロードされている画像が一覧で表示されるので、好きなものをロゴとして設定してみてください。

2つ目のやり方は、すでに設定してあるサイトのロゴを使用するパターンになります。この場合は、デフォルトの画像をゴミ箱マークをクリックして削除してしまいます。

Divi 右上のアイコンを選択

そして、右上にアイコンが1つ表示されていると思うので、これをクリックします。

Divi 「サイトロゴ」を選択

そして、「サイトロゴ」を選択します。

Divi 内容を保存する 1

すると、このような感じで既存のロゴが表示されます。今後、ロゴを変更した場合は、それと共に設定の変更は必要なく、自動で変更したロゴに切り替わります。

Step6. ロゴの外観を整える

Divi ロゴの配置を設定する

デフォルトだとロゴが左に寄っていたり、ちょっと大きかったりするので、その調節方法を次にご紹介していきます。画像設定の「デザイン」に移動すると、一番上に「属性」という項目があります。こちらで画像の位置を設定します。左・中央・右の3つあるので、好きなものを選択してみてください。

Divi ロゴの大きさを調節する

次に、画像の大きさです。「属性」の直下に「サイズ変更」という項目があるので、これを開きます。そしたら、最初の「最大幅」というところで大きさを調節します。つまみを使ったり、数値を記入しての設定が可能です。

Divi 内容を保存する

全ての設定が終わったらい、画像設定の右下にあるチェックマークをクリックします。ここでバツをクリックしてしまうと、今設定したものがセーブされず、また一から設定し直さないといけなくなってしまうので、ご注意ください。

Step7. 右のカラムにメニューを追加する

WordPressの「外観」にある「メニュー」でメニューを作成

次に、右のカラムを設定していきましょう。ここには、メニューを追加していこうと思います。まずその前に、WordPressのダッシュボードの「外観」から「メニュー」に移動して、メニューを作成しておいてください。そうしないと、ヘッダーにメニューを表示することができませんので。

Divi 右カラムにあるプラスボタンをクリック

作成したら、Diviの編集画面で右カラムに表示されているプラスボタンをクリックし、

Divi メニューを追加

「メニュー」を追加します。

Divi コンテンツでメニューを選択

まず「コンテンツ」の「メニュー」で作成したメニューを選択します。

Divi コンテンツの要素で追加要素を選択

もし必要があれば、「要素」の項目でショッピングカートアイコンや検索アイコンの表示を有効化してみてください。

Divi デザインのレイアウトで書式を設定

次に、「デザイン」タブに移動し、レイアウトを設定します。メニューはデフォルトで左に寄っているので、「書式」で中央に寄せたり、右に寄せたりできます。あとは、通常、ドロップダウンメニューは下に伸びる形式になっているのですが、上向きに変更することも可能です。あまり上向きは使わないかもしれませんが、トップの部分ではなく、ページの途中でメニューを表示させる場合に使うことがあります。

DIvi デザインでメニューテキストを設定

そして、「メニューテキスト」という項目では、メニューの色や文字サイズが調節できますので、お好みで設定してみてください。

メニューの背景を削除する 1

あと、後ほどヘッダーの背景色を変更する方法をご紹介していきますが、背景を白以外にする場合は、「コンテンツ」に戻って、「背景」で設定されている色をゴミ箱アイコンをクリックして削除しておきます。

Step8. ヘッダーの背景色を設定する

Diviで背景色を設定する方法

次に、ヘッダーの背景色を設定する方法をご紹介していきます。まず、セクション(青色の線)のギアアイコンをクリックします。そしたら、メニューモジュールと同じように「背景」に移動し、色を設定します。16進数のカラーコードを使うこともできますので、ブランドカラーがある場合は、それを設定しても良いですね。色の透明度を調節したい場合は、パネルをクリックします。すると、右側に縦の棒が2本表示されるので、この内の右側の棒を調節します。

Step9. モジュールの縦の配置を設定する

Divi デフォルトの縦の整列

次に、モジュールの縦の配置を設定していきます。デフォルトだとモジュールが行の上部に整列されている状態になります。でも、大抵の場合、中央に寄せたいものだと思いますので、そのやり方をご紹介していきます。

Divi 行のギアアイコンをクリック

まずは、行のギアアイコンをクリックします。

Divi 行の「列の高さを均等割付」を「はい」に切り替える

次に、「デザイン」の「サイズ変更」を開き、「列の高さを均等割付」を「はい」に切り替えます。

Divi 行にある「列」のギアアイコンをクリック

そしたら、「コンテンツ」タブに戻り、「列」のギアアイコンをクリックします。複数の列がある場合は、それら全部に同じ設定をしていきます。

Divi カスタムCSSのメイン要素にCSSコードを入力

列のギアアイコンをクリックしたら、「詳細」の「カスタム CSS」を開きます。ここにある「メイン要素」のボックスにコピーしてきたコードを入力します。そうすると、モジュールが縦に中央に整列されます。

Divi モジュールを中央に整列

これが、設定したヘッダーです。

Step10. セクションの余白を調節する

Diviでセクションの余白を調節する

最後にセクションの余白を調節していきます。まず、どこでも良いのでヘッダーをクリックします。すると、青い透明がかった線が表示されるので、上部と下部の線をドラッグして上まで持っていきます。すると、セクションの余白が狭くなっていきますので、好みに合わせて調節してみてください。

Step11. Diviで作成したグローバルヘッダーを保存する

Diviで作成したグローバルヘッダーを保存する

編集が終わったら、ヘッダーを保存しましょう。Diviの編集画面の下部に紫の3つの点のボタンがあるので、これをクリックして開きます。そして、緑の「保存」ボタンをクリックすれば、作成したグローバルヘッダーが保存されます。

Divi 保存後にバツボタンをクリックしてダッシュボードに移動

保存が完了したら、画面右上にあるバツボタンをクリックしてWordPressのダッシュボードに戻ります。

Step12. テーマビルダーの変更内容を保存する

Divi テーマビルダー 変更内容を保存

ダッシュボードに戻ったらそれで終わりではなく、「変更内容を保存」ボタンをクリックします。これをしないと、作成したヘッダーがサイトに反映されませんので、ご注意ください。

Divi グローバルヘッダー

設定を保存したら、今作成したヘッダーがちゃんと反映されているのか確認してみてください。

まとめ

今回は、Diviでグローバルヘッダーを作成する方法をご紹介してきました。デフォルトのヘッダーでも結構かっこいいですが、オリジナルのものを作成したいという方は、ぜひ今回ご紹介した流れで作ってみてください。

KohsukeNemoto.comニュースレターに参加しませんか?

あなたがニュースレターに登録すると、、、

  • 週に1,2回程度のニュースレター
  • 有料販売している5コース(4,900円相当)
  • 新着有料コースの無料提供(不定期)

無料で受け取れます。右(スマホの方は下)のフォームにお名前とEメールアドレスを登録し、無料でニュースレターと特典をお受け取りください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

KohsukeNemoto.comのニュースレター

(特典付き!)

無料

・週に1回のニュースレター

・有料販売している5コース(4,900円相当)

・新しい有料コース

 

これらが無料!以下のフォームから、無料でゲットできます。

※いつでも解除できます。