(↑Pinterestでシェアお願いします!)

無料ブログ・有料ブログのメリットとデメリットを徹底解説!

執筆者 | 更新日 2020年02月10日 | ブログ | コメント0件

「これから副業でブログをはじめたいんだけど、無料ブログと有料ブログどっちが良いんだろう?」

まだブログを始めたことのない人は、こんな疑問があると思います。初心者の場合は、まだなにもわからない状態ですので、いろいろと疑問点がでてきてしまいますよね。

  • 無料ブログvs有料ブログ
  • 無料ブログがオススメな人
  • 有料ブログがオススメな人
  • 無料ブログのメリットとデメリット
  • 有料ブログのメリットとデメリット

などなど。あなたが疑問に思っているであろう内容をこの記事にまとめました。

日記程度でやる場合は無料ブログでもOKだけど…

結論を先に言うと、有料ブログを選ぶべきです。特に、副業の場合は有料ブログ(ワードプレス)一択です。(その理由は、おいおい説明していきます。)基本的に、無料ブログはおすすめしていません。

これから詳述していきますが、無料ブログのメリットとデメリット、有料ブログ(ワードプレス)のメリットとデメリットを比較したときに、有料ブログ(ワードプレス)の方がはるかに有利になるからです。(ここでの有料ブログについてですが、世界中で最も利用されているWordPressのことだと定義づけさせてください。)

でも、ブログを運営する目的が以下のようなものの場合に限っては、無料ブログを選んでもOKです。

  • 日記をかくためにブログを利用する
  • ブログでのお金稼ぎを一切考えていない
  • 趣味ブログを通して、界隈での友達を作りたい

つまり、「ブログを使ってビジネスをするつもりがない。」とか「単純に学んだことをアウトプットできる場所ならなんでも良い。」のように、考えているのであれば、無料ブログで書いていくのもありだと思います。

ただし、

  • ブログから少しでもお金が発生したら嬉しい
  • 趣味と実益を兼ねてブログ運営していきたい
  • ブログを通して自分の影響力を拡張していきたい
  • ブログを通して自分の持っている商品やサービスを認知させたい

というようなビジネス目的である場合は、無料ブログではなく、WordPressを使いましょう。

無料ブログの3つのメリット

まず、無料ブログのメリットを要素化すると次の通りになります。

  1. 開設が簡単
  2. 運営が楽
  3. 無料

順を追って、説明していきます。

開設が簡単

無料ブログはとにかく、かんたんに始められるのが最大メリットです。無料ブログは企業が運営・管理しているプラットフォーム(場所)になりますので、登録さえしてしまえばすぐにブログを書き始めることができます。しかも、登録自体はすごく簡単で、大抵の場合は5分もかかりません。じゃあ、無料ブログとしては、どんなものがあるのかということなんですけど、

  • アメーバブログ
  • FC2ブログ
  • SeeSaaブログ
  • ライブドアブログ
  • はてなブログ

などがあります。どれもIDとメールアドレス、あとはパスワードの設定さえ完了すれば開設できます。このように、ものすごくお手軽なため、初心者の方がたくさん利用しています。

初期費用・月額費用がかからない

ブログを開設するのに、お金はいっさいかからず、続けていくのも無料です。これも、無料ブログの大きなメリットの1つです。無料プログの中にも、有料プランも用意されている場合もありますが、基本的には無料で運用可能です。

ドメインパワーが強い

無料ブログの場合は、最初からドメイン(ネット上の住所のようなもの)が強いので、検索エンジンに認識されやすいです。つまり、集客(PV数)も稼ぎやすいという特徴があります。例えば、大型のショッピングモールに、テナントを出すようなイメージです。大きなショッピングモールだと、集客力があるので、ついでに立ち寄ったりというのがありますよね。

このような感じで、あなたのお店(ブログ)が人に見られやすいという状況を得ることができるわけです。同様に、人でにぎわうプラットフォームになりますので、コミュニティ機能が強いという特徴もあり、プラットフォーム内のユーザー同士で交流したりできます。アメブロやはてなブログでは特にその傾向が強く、同じコミュニティーにいるユーザーに対してコメントしたり、「ペタ」や「はてブ」と呼べれるコミュニケーション機能が充実しています。

無料ブログの致命的な3つのデメリット

ここまでで、無料ブログのメリットをご紹介してきましたが、メリットばかりではありません。次に、デメリットをご紹介していきます。無料ブログのデメリットは、

  1. 利用規約の変更がある
  2. マネタイズできない可能性がある
  3. カスタマイズが難しい

このようなものがあります。

利用規約の変更がある

無料ブログでは、あくまで場所を借りているだけです。いわば、賃貸アパートに住んでいるようなものなので、そのプラットフォームのルールに法ってブログを運営していかないといけません。なので、そのプラットフォームの運営会社の気分によってあなたのサイト・ビジネスが左右されてしまうわけです。

例えば、

  • ブログ記事を削除しました
  • あなたのアカウントを凍結しました
  • サービスが終了しました

といったことがある日突然に起こります。僕の知り合いも、実際に、無料ブログでサイトを運営していたのですが、ある日そのサイトを訪問してみたら、「そのサイトはありません。」みたいな表記になっていました。詳しくは聞いていませんが、おそらく運営側にサイトを削除されたのだと思います。

要因は様々ですが、運営側の規則を破ったり、プラットフォームの運営が困難になったりでサービスそのものが終了したり。あなたのコントロールできない要因でサイトやアカウントが凍結・削除・停止されることがあります。こうなってしまったら、あなたはどうすることもできません。運営に連絡をしても、多分復活させるのは無理でしょう。なので、それまでにいくらPV数を稼いでいても、何百記事を書いていても、収益が月に100万円をこえていても突然ゼロになりかねません。

マネタイズが難しい

無料ブログは、収益化そのものが難しいです。運営元が広告を禁止にしていたり、一部制限していたり、勝手に広告を貼ってきたり。とにかくマネタイズがしづらいです。(収益を目的にしていない人であれば問題ありませんが。)

カスタマイズが難しい

無料ブログによっては、サイトのテンプレートが用意されていますが、お世辞にもかっこいいものではありませんし、テンプレートが少なかったりします。また、HTMLやCSSといったサイトをカスタマイズする手段が使えないところも多いので、全部のサイトの外観が似たり寄ったりになります。

初心者にとっては、そんな難しいカスタマイズは不必要かもしれませんが、ブランディングに影響してきます。他のサイトにはない、綺麗なデザインのサイトであれば、「これは、あの人のサイトだ!」と認識してもらいやすくなりますので、認知度が高まる可能性があります。

また、サイトを運営していくと、いろんな知識が身についてきます。フッターに広告を貼りたいとか、サイドバーを無くしたいとか。そういった場合、無料ブログだとカスタマイズが難しかったり、カスタマイズそのものができないことが多いので、無料ブログの不便さを感じてくると思います。僕も、以前、無料ブログを運営していたことがあるので、実際にその不便さを身を以て感じています。

有料ブログの5つのメリット

一方で、有料ブログのWordPressはというと、、、

  1. 規約がない
  2. マネタイズが自由
  3. 自由にカスタマイズできる
  4. ドメインパワーが上がる

といったメリットがあります。

利用規約がない

まず、1つ目は、利用規約がないということです。先ほど、無料ブログは賃貸アパートみたいなイメージだとお伝えしましたが、WordPressの場合は持ち家のイメージです。なので、無料ブログにあるようなサイトやアカウントの凍結・削除・停止の心配が一切ありません。

というのも、ドメインやサーバーをお金を払って獲得することになるため、運営元が存在しないからです。あなた自身が運営元になれるわけです。なので、自分でルールをつくることもできるし、自分が好きなように記事を書くことも、自分の好きな場所に広告を貼ることだってできます。

マネタイズが自由

自分のサイトであれば、利用規約がないので、自由にマネタイズすることができます。どこに広告を貼ってもOKです。もし広告を貼りたくないのであれば、それでもOKです。運営元から禁止されたり、勝手に広告を貼られたりすることは一切ありません。(Googleアドセンスなどの広告を貼る場合は、その利用規約に違反しないようなサイト・記事を作成する必要があります。)あとは、独自商品(デジタルコンテンツやコンサルティングなど)も自由に販売することができますし、アフィリエイトも自由にできますので、収益化しやいです。

カスタマイズが自由

WordPressであれば、HTMLやCSSコードが使えるので、自由にサイトをカスタマイズできます。デザインのやり方や具体的なノウハウはGoogle検索をすればヒットするので、それを参考にすればOKです。僕も、最初は「HTMLとかCSSって何?」と思っていましたが、最近はちょこっといじれるようになりました。

他には、プラグインやテーマが豊富にあるので、HTMLやCSSを使わずとも、かっこいいサイトを作成することができます。

そうやって、自分の好きなようにブログをデザインしていくことで、世界にたった一つのあなただけのブログにすることができます。差別化することが容易なので、収益がアップしたり、ファンや読者の獲得にもつながってきます。

ドメインパワーが上がる

WordPressを立ち上げたばかりの時は、ドメインのパワー、つまりはサイト全体のパワーが弱いです。でも、定期的に質の良い記事を書き続ければ、ドメインパワーが上昇していきます。

無料ブログのようの場合は、最初からドメインパワーは強いですが、ある時点からは頭打ちになります。一方、WordPressのような独自のサイトであれば、そんなことはありません。頭打ちになることがないので、適切に運営を続ければ、パワーが上がり続けます。

有料ブログのデメリット

  1. WordPressをインストールするのに時間がかかる
  2. 費用がかかる
  3. ドメインパワーが弱い

やはり、WordPressにもデメリットは存在します。それが上記の3つです。

WordPressをインストールするのに時間がかかる

最初に、WordPressをインストールにするまでに、少なくとも1時間はかかります。人によっては2~3時間かかるかもしれません。これを聞くと、面倒だなとか、無料ブログでも良いかなと思ってしまうかもしれませんが、最初の面倒な作業が終われば、あとはそれほど難しくもありません。しかも、「ムームードメインとXserverでWordPressをインストールする方法」で、ドメインを取得するところから、サーバーをレンタルして、WordPressをインストールするところまで開設しているので、簡単にWordPressブログを開設することができます。

費用がかかる

2つ目は、費用がかかるということです。とはいっても、月に1,000円程度です。確かに、最初はその維持費を考えたら有料ブログじゃなくて、無料ブログにしようかなと思ってしまう気持ちもわからないでもありませんが、アフィリエイトとか自社商品を販売すれば、簡単にペイできます。

ドメインパワーが弱い

先ほどもお伝えしましたが、WordPressなど、自分でサイトを開設する場合は、最初のドメインパワーは弱いです。継続的に高品質な記事をアップしていかないと、ドメインパワーが上がりません。それは、Googleからの評価が高くないということでもあるので、なかなか上位表示ができません。早くても、半年くらいはかかると思っておくと良いです。結構時間がかかるので、サイト運営を初めても、途中でやめてしまう人が多いんですね。

まとめ

ということで、今回は

  • 無料ブログと有料ブログどちらを選ぶべきか?
  • 無料ブログのメリットとデメリット
  • 有料ブログのメリットとデメリット

について、解説してきました。無料ブログか有料ブログかは、目的によりますが、ビジネスとしてサイトを運営していくのであれば、WordPressを選択してください。僕の知り合いでも、無料ブログを運営していて、ある日みてみたらサイトがなくなっていたということがあります。利用規約が変更になることも何度もみたことがあります。WordPressであれば、そんなことは起きず、自由にサイトを運営していけます。

KohsukeNemoto.comニュースレターに参加しませんか?

あなたがニュースレターに登録すると、、、

  • 週に1,2回程度のニュースレター
  • 有料販売している5コース(4,900円相当)
  • 新着有料コースの無料提供(不定期)

無料で受け取れます。右(スマホの方は下)のフォームにお名前とEメールアドレスを登録し、無料でニュースレターと特典をお受け取りください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Elementorの使い方を"無料"で学びませんか?

プロのようなランディングページが作れるElementorの使い方が無料で受講できます。