(↑Pinterestでシェアお願いします!)

初心者が覚えておきたいコピーライティングの5つの法則(型)

執筆者 | 更新日 2020年02月11日 | コピーライティング | コメント0件

こんにちは、根本です。

この記事では、これからコピーライティングを勉強していく方が、必ず知っておきたい型を5つご紹介していきます。でも、一番重要なのは、必ず実践するということです。コピーライティングを勉強しても、セールスレターが書けないと悩んでいる方が多いのは、実際にレターを書いていないからです。

逆に、型を完璧に理解できていなくても、実際に文章を書き、テストすることで、どの部分がいけなかったのか、次にどう改善したら反応が取れるようになるのかが理解できるようになり、どんどんコピーのスキルが身についていきます。なので、型を学ぶだけでなく、学んだ後は機会を見つけてレターを書いていきましょう。

初心者が覚えておきたいコピーライティングの5つの法則(型)

(↑Pinterestでシェアお願いします!)

法則#01. AIDAの法則

AIDA(アイーダ)の法則は、アメリカの広告・販売のパイオニアであるセント・エルモ・ルイスが提唱したもので、消費者の行動プロセスに基づき、

  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Desire(欲求)
  • Action(行動)

という構成になっています。

AIDAの法則とは?消費者の行動プロセスと共に解説

法則#02. AIDMAの法則

AIDMA(アイドマ)の法則という言葉をご存知でしょうか?

  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)

昔からマーケティングで利用されている言葉ではありますが、効果は絶大であり、特にコピーライティングで活用されている法則です。では、AIDMA(アイドマ)とは、一体どのような意味なのでしょうか?その意味や使い方をこの記事でチェックしてみてください。

コピーライティングにけるAIDMAの法則とは?

法則#03. PASONAの法則

PASONAの法則というのは、日本を代表するマーケターである神田昌典さんが提供したコピーライティングの法則です。構成としては、

  • Problem(問題)
  • Agitation(​煽り立て​)
  • Solution(解決策)
  • Narrow down(絞り込み)
  • Action(行動)

となっています。

コピーライティングで効果抜群!PASONAの法則とは?

法則#04. 新PASONAの法則

新PASONAの法則は、神田昌典さんが提唱したPASONAの法則を改訂したもので

  1. Problem (問題)
  2. Affinity(親近感)
  3. Solution(解決策)
  4. Offer(提案)
  5. Narrow down(絞り込み)
  6. Action(行動)

という構成になっています。PASONAの法則と異なる部分がありますので、その違いも含め以下のボタンから新PASONAの法則をチェックしてみてください。

【改訂版】新PASONAの法則とは?

法則#05. QUESTフォーミュラ

QUESTフォーミュラは、コピーライターのマイケル・フォーティンさんが、2005年に提唱した文章の書き方です。QUESTフォーミュラは、

  • Qualify:ターゲットを絞る
  • Understand:理解する
  • Educate:教育する
  • Stimulate:刺激する
  • Transition:変化(行動)させる

という5つのパートから構成されています。

QUESTフォーミュラの構成と例文

KohsukeNemoto.comニュースレターに参加しませんか?

あなたがニュースレターに登録すると、、、

  • 週に1,2回程度のニュースレター
  • 有料販売している5コース(4,900円相当)
  • 新着有料コースの無料提供(不定期)

無料で受け取れます。右(スマホの方は下)のフォームにお名前とEメールアドレスを登録し、無料でニュースレターと特典をお受け取りください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたのLP、反応取れてますか?

もし、思うような結果が出ていないなら、今すぐ『ランディングページ最適化チェックリスト』を無料で受け取ってください。

全部で7ページの非常にシンプルな構成になっています。シンプルながゆえに、わかりやすく、今すぐ実践することができます。