WooCommerceの使い方

WooCommerceで注文ステータスを処理中から完了に自動変更する方法

今回は、WooCommerceで注文を処理中から完了に自動変更する方法をご紹介していきます。基本的に、注文が発生すると、「処理中」になり、手動で変更しないとステータスを「完了」に切り替える必要があります。

「完了」に切り替わらないことで、完了メールがお客さんの元に届かなかったりするので、僕はステータスを自動的に「完了」になるように設定しています。そのやり方は、いくつかあるので、今回は、全てのやり方をご紹介していきます。好きな方法をお試しください。

方法#01. コードを追記してWooCommerceで注文を処理中から完了に自動変更する

まずは、コードを追記して対応するやり方です。

まずは、こちらのコードをコピーしてください。

「外観」の「テーマエディター」

そしたら、「外観」の「テーマエディター」に移動します。

WooCommerceの注文完了コードを追加

そして、「function.php」にテーマファイルを切り替え、一番最後の行を改行します。その後、コピーしてきたコードを追記してください。終わったら、「ファイルを更新」すれば、完了です。

やり方#02. Autocomplete WooCommerce OrdersでWooCommerceの注文状況を処理中から完了に自動変更する

2つ目のやり方は、無料プラグインを使う方法です。コードを追記するのが怖いなど、特別な理由がある場合は、こちらのプラグインを使ってみてください。

Autocomplete WooCommerce Orders

まずは、「プラグイン」の「新規追加」で「Autocomplete WooCommerce Orders」と検索をかけます。

Autocomplete WooCommerce Ordersの「Settings」に移動

そしたら、プラグイン一覧からインストールした「Autocomplete WooCommerce Orders」の「Settings」に移動します。

Autocomplete WooCommerce Ordersの設定

もしくは、「WooCommerce」の「設定」から「Autocomplete Orders」にタブを切り替えます。そして、「Mode」のドロップダウンから好きなモードを選択します。

  • Off:オフ
  • Paid orders of virtual products only:バーチャル商品(デジタルコンテンツ)のみ
  • All paid orders of any product:全ての支払済注文
  • Any order (paid or unpaid):全ての支払済・未払い注文

という4種類あります。基本的には、「All paid orders of any product」で良いと思います。もし、物販とデジタルコンテンツを販売している方は、「Paid orders of virtual products only」を選択し、物販商品は在庫を注文したりして、確認ができたら手動で「完了」に切り替えるというのでも良いかもしれません。

まとめ

今回ご紹介していきたやり方以外にも、有料のプラグインを使った方法もあります。自動完了するためだけに有料のプラグインを実装して使うのはもったいないと思いますので、今回はご紹介しませんでした。いないとは思いますが、もし、有料プラグインを使いたい方は、以下にリストアップしておきますので、チェックしてみてください。

  • WooCommerce Order Status Control
  • WooCommerce Zapier

「WooCommerce Order Status Control」は、WooCommerceの公式のプラグインですが、年間で29ドルかかります。一方で、「WooCommerce Zapier」は、年間59ドルかかります。僕は、WooCommerce Zapierを使っていますが、注文状況を自動変更するために使用しているのではなく、また別の用途に使っています。例えば、注文データをGoogleスプレッドシートに自動記入したり、データを発送してくれる業者に自動でメールを送信したりできますので、もしそのような使い方をしたい方は、ぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です