WooCommerceの使い方

WooCommerceの商品データをStripeにパスする方法

今回は、WooCommerceの商品データをStripeにパスする方法ということで、WooCommerceで作成したオンラインショップ(ECサイト)でStripe決済を導入している方向けに、商品データをStripeにパスする方法をご紹介していきたいと思います。

僕が抱えていた悩み

そもそも、なぜこの記事を書こうと思ったかと言うと、WooCommerceの商品データは基本的にStripeに届けるような仕組みになっていないために、どんな商品が購入されたか分からないんですね。もちろん、購入IDなどはパスしてくれますので、それを判断すれば良い話ですが、WordPressサイトと照らし合わせないといけなかったので、それが面倒で検索をしていました。(僕はプログラマーではないので、コードを探していました。)

そしたら、こちらのサイトにWooCommerceの商品データをStripeにパスできるコードが書かれていたので、この方の記事を参考に、設定方法をご紹介していきます。とはいっても、コードを追記するだけです。

WooCommerceの商品データをStripeにパスする設定手順

それでは、実際にその手順をご紹介していこうと思います。

Step1. コードをコピー


まずは、こちらのコードをコピーしてください。

Step2. function.phpに追記

WooCommerceの商品データをパスするためのコードを追記 scaled

コピーしてきたコードを「テーマエディター」の「function.php」に移動して、追記します。

Step3. 商品を購入してみる

最後に、実際にStripeで商品を購入してみましょう。自分のクレジットカードを使っても良いですが、テスト購入でもOKです。

Stripeでメタデータのチェック

そして、Stripeでデータをチェックしてみてください。「メタデータ」に「Line Item」が追加されているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です