(↑Pinterestでシェアお願いします!)

コンテンツマーケターがWordPressにインストールしておきたいおすすめプラグイン

執筆者 | 更新日 2020年02月10日 | WordPressプラグイン | コメント0件

こんにちは、根本耕輔です。

この記事では、コンテンツマーケティングを実践しているブロガーやマーケターの方を対象に、WordPress(ワードプレス)サイトに導入しておきたいオススメのプラグインをご紹介していきます。

コンテンツマーケティングの目的は?

まず、プラグインをご紹介する前にコンテンツマーケティングを実践する方が押さえておきたいこと、目的を確認していきましょう。

目的#01. Google検索で上位表示させる

まず1つ目の目的は、ブログを運営する場合は、Google検索で上位に表示させることです。ブログを運営して、トラフィックを集めるためには、Googleで上位表示させる必要があります。上位表示させる必要があるというか、上位表示を目指さないとあまり意味がありません。(広告を使わない場合は。)検索ランクの1位に表示されると、クリック率は20%くらいありますが、10位とかになると1%ちょっとまでに下がります。2ページ目以降に表示されると、1%を切り、ほぼゼロになります。なので、SEO対策は必須です。

以前は、小手先のテクニックとして、自作自演リンクや背景と同じ色で文章を書いたりというのが流行っていて、バンバン検索ランクの上位に表示されていました。でも、最近はGoogleのアルゴリズムも進化してきたので、そういったブラックハットなやり方は通用しません。ほぼ100%コンテンツ勝負です。検索者の悩みを解決してあげられる価値のあるコンテンツを提供するということです。目的#02. 見込み客リストを獲得する

2つ目の目的は、見込みリストを獲得するということです。コンテンツマーケティングを実践する場合、最終的には、読者に商品やサービスを購入してもらう必要がありますが、その前の段階として、読者に見込み客リストになってもらいます。つまり、読者にメールアドレスを登録してもらうということです。サイトに、リストを獲得するための仕掛けを施していきます。

目的#03. 商品/サービスを販売する

そして、3つ目は商品やサービスを販売するということです。一般的には、セールスページを作成して、そのセールスページのリンクをシェアして、そのページから商品やサービスを購入してもらいます。

ということで、この3つのポイントを抑えて、以下でWordPressにインストールしておきたいプラグインをご紹介していきます。

SEO関連のオススメプラグイン

先ほどは、コンテンツの質が一番重要ということをお伝えしました。でも、さらにSEO的に有利にするために、1つくらいはSEO関連のプラグインをインストールしておくと良いと思います。

Yoast SEO

Yoast SEO プラグイン

まず1つ目のプラグインは、Yoast SEOです。これは、基本的に無料で使うことができ、Googleサーチコンソールに簡単にXMLサイトマップが提出できたり、記事の読みやすやスニペットの設定、検索エンジンに表示させるかどうかの設定もできます。有料プランもあって、6ヶ月間更新されていない記事を報告してくれたり、無料だとGoogle検索でのプレビューしか確認できませんが、FacebookやTwitterでのプレビューも確認できるようになります。それから、既存記事があって、作成している記事の内容が既存記事と一致している部分がある場合、「内部リンクとして追加してはどうですか?」みたいな提案もしてくれます。本当に、役立つ機能がたくさんあります。でも、初心者の方は、無料版の十分だと思います。

All in One SEO Pack

All in One SEO Pack プラグイン

SEO関連のプラグインとしては、All in One SEO Packも有名です。このプラグインでは、GoogleサーチコンソールのHTMLタグやGoogleアナリティクスのIDを記入する欄があるので、WordPressの「テーマの編集」からコードを追加するという面倒な作業をせずに、簡単にサーチコンソールやアナリティクスと連携することができます。しかし、All in One SEO Packはよく、サイトが重くなったり、本当に使い方を理解していないとあまり効果がないということが言われています。僕も、実際に過去にこのプラグインをインストールしたら重くなった経験があったので、それ以来Yoast SEOを使用しています。

見込み客リスト(Eメールアドレス)を獲得するためのプラグイン

次に、見込み客リストを取得するためのプラグインをご紹介していきます。ただし、これは、契約しているEメールプロバイダーによって異なるかもしれません。僕はConvertKitを利用しているので、それを考慮したプラグインをご紹介します。他のEメールプロバイダーを使用している方は、公式のプラグインがあるかどうかも調べてみてください。

ConvertKit

ConvertKit プラグイン

まずは、ConvertKitの公式プラグインです。僕は、EメールプロバイダーとしてConvertKitを利用しているので、便利で使っていました。これは、オプトインフォームやランディングページを作成するためのプラグインではなく、ConvertKitのサイトで作成したフォームをWordPressで表示させるためのプラグインです。ConvertKitで作成したオプトインフォームやタグを投稿記事毎に選択できるようになります。$29/月から始めることができます。(リスト数に応じて料金が上がっていくシステムなのでご注意ください。)

Elementor Pro

Elementor Pro

Elementor Proはページビルダープラグインで、基本的にはブログ記事をドラッグ&ドロップで作成するためのツールです。ページビルダーの機能にオプトインフォームのウィジェットが含まれていて、Elementor ProとConvertKitを連携することができます。また、2019年の初めくらいに、ポップアップを表示することができる機能が発表されました。ポップアップのテンプレートもたくさん用意されているので、10分くらいで簡単に作成できます。料金は、1サイトにインストールする場合、$49/年で利用できます。

Popups by OptinMonster – Best WordPress Popup Plugin

Popups by OptinMonster – Best WordPress Popup Plugin プラグイン

Popups by OptinMonster – Best WordPress Popup Pluginは、OptinMonsterというポップアップを作成できるサービスが提供している、オフィシャルのプラグインです。ポップアップだけでなく、スライドイン形式、フローティングバー形式のフォームなども作成することができます。

A/Bテストもできたり、ConvertKitやMailChimp、HubSpot、AWeber、Infusionsoftなどの海外の有名なEメールプロバイダーと直接連携することができます。トリガー(ポップアップを表示するための読者の起点となる行動)の種類も、Exit Intentやユーザーのデバイス、訪問したページ、ユーザーの場所など18種類もあります。その他の機能も含めると、業界ではトップクラスです。Exit Intentは、読者がWebサイトを離れようとしているときに、それを感知してポップアップを表示させるという設定で、これはかなり強力で、コンバージョンが高くなることで有名です。(ちなみに、Exit Intentという単語は、OptinMonsterが商標登録しているそうです。)

ただ、このプラグインはConvertKitと同じように、WordPressでポップアップなどを作成するのではなく、OptinMonsterの本家のサイトでサービスを契約して、そこで作成する必要があります。WordPressでは、そこで設定したポップアップを有効にするかどうかの設定しかできません。ここは注意しておいてください。ちなみに、料金は$19/月から始められます。

セールスページを作成できるオススメのページビルダープラグイン

次に、ドラッグ&ドロップでかっこいいセールスページを作成できるプラグインをご紹介していきます。

Elementor Pro

Elementor Pro

まずは、先ほども紹介したElementor Proです。Elementor Proは、最近、200万サイトにインストールされていると発表がありました。(2019年2月現在)また、無料のElementorというプラグインもあります。どうしても、ツール代を支払う余裕がないという場合は仕方ありませんが、そうではない場合は、やっぱりPro版を使うことをオススメします。ElementorもElementor Proもたくさんのテンプレートが用意されているので、あとは文章を自分なりにアレンジすれば、比較的簡単にセールスページが作成できます。

最近では、Envato Elementsが提供しているElementor向けのプラグインがあるので、もっと多くのテンプレートが無料で手に入ります。実際に、僕もオプトインページやセールスページを作成するときに利用しています。

Divi Builder

Divi Builder

Divi Builderは、Elegant Themesが提供しているプラグインです。このプラグイン単体で販売されているのではなく、DiviというWordPressテーマ、MonarchというSNSシェアボタンを設置するためのプラグインなどとセットで販売されています。僕は、このサイトではDiviのテーマをインストールして、使用しています。この記事も、Diviのページビルダー機能を使って作成しています。Divi Builderはテーマではなく、プラグインなので、他のテーマで使用することができます。もちろん、Diviのテーマをインストールしている場合は、プラグインをインストールする必要はありません。料金に関しては、プランが2種類あって、年額払いの$89/年と一括払い(ライフタイムアクセス)の$249があります。

Thrive Architect

Thrive Architect

Thrive Architectは、Thrive Themesさんが提供しているページビルダープラグインです。ここでは、他にも、カウントダウンタイマーを表示できるThrive Ultimatumやオプトインフォームが作成できるThrive Leads、オンラインコースが作成できるThrive Apprentice、ランディングページのA/BテストができるThrive Optimizeなどのプラグインも販売しています。どれも、コンテンツマーケティングをやる場合、使いたいもので、それらが簡単に連携できるのは、嬉しいんですけど、基本的に言語が英語になっているので、そこが難点です。(Poeditというプラグインを使えばある程度は翻訳することができますが。)料金は、1サイトにインストールする場合は、$69で購入できます。もし、他のThrive Themesさんが提供しているサービスも利用したいのであれば、$19/月で、全てのサービスが使い放題になります。

まとめ

最後にまとめとして、今回ご紹介してきたプラグインの中で、僕がオススメするものをご紹介していきます。

Yoast SEO

Yoast SEOのレビュー All in One SEO Packのレビュー

SEO関係のプラグインは、Yoast SEOがオススメです。レビューはAll in One SEO Packよりも多く、しかも高いです。あとは、何と言っても使い方がシンプルです。初めて使う人でも、1時間もあれば基本的な使い方は理解できると思います。

Popups by OptinMonster – Best WordPress Popup Plugin

まず、リスト獲得ツールとしては、Popups by OptinMonster – Best WordPress Popup Pluginをオススメします。Elementor ProとかConvertKitなどを使用しても良いかもしれませんが、ポップアップを最適化するためのA/Bテストがなかったり、トリガーの種類や表示するページの設定が充実していません。これから、本格的にコンテンツマーケティングをやって行く場合は、OptinMonsterの機能があった方が良いので、ぜひ使っていってください。ただし、先ほどもお伝えした通り、プラグインをインストールするだけでは使えるようになりません。OptinMonsterで別途契約が必要になります。

Elementor Pro

ページビルダープラグインでは、Elementor Proがオススメです。使用できるエレメント(ページを構成する要素)の数も豊富ですし、細かい機能(カウントダウンタイマーなど)で、Elementor Proが優れているなという印象です。

KohsukeNemoto.comニュースレターに参加しませんか?

あなたがニュースレターに登録すると、、、

  • 週に1,2回程度のニュースレター
  • 有料販売している5コース(4,900円相当)
  • 新着有料コースの無料提供(不定期)

無料で受け取れます。右(スマホの方は下)のフォームにお名前とEメールアドレスを登録し、無料でニュースレターと特典をお受け取りください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Elementorの使い方を"無料"で学びませんか?