(↑Pinterestでシェアお願いします!)

Direct Checkout for WooCommerceプラグインの使い方

執筆者 | 更新日 2020年03月02日 | WordPressプラグイン | コメント0件

Direct Checkout for WooCommerceプラグインとは?

Direct Checkout for WooCommerceプラグインは、通常のカートに入れるというボタンをクリックした瞬間に決済ページに直接誘導することができるプラグインです。通常、カートに入れるボタンをクリックすると、単純に商品がカートに追加されるだけで、決済をしてもらうためには、カートに移動してもらわないといけません。そのため、その間に購入が後回しにされてしまうかもしれません。でも、Direct Checkout for WooCommerceプラグインを使うことによって、直接決済ページにお客さんを飛ばすことができて、すぐに決済情報を入力し、支払いをしてもらうことができます。

もし、今までこういった悩みがあった方は、ぜひこのプラグインを使ってみてください。

Step1. Direct Checkout for WooCommerceプラグインをインストールする

Direct Checkout for WooCommerceプラグインをインストールする

まずは、プラグインをインストールしていきましょう。WordPressのダッシュボードから「プラグイン」の「新規追加」に移動し、検索バーで「Direct Checkout for WooCommerce」と入力します。そしたら、左上に表示されるので「今すぐインストール」、そして「有効化」します。

Step2. 設定をチェックし必要があれば変更する

Direct Checkout for WooCommerceプラグインをインストールすれば、自動的に「カートに入れる」というボタンが決済リンクへと切り替わりますが、一応設定方法もご紹介していきます。

Direct Checkout for WooCommerceプラグインのSettings

まずは、プラグイン一覧からDirect Checkout for WooCommerceプラグインの「Settings」に移動します。

General

Direct Checkout for WooCommerce General設定 1

  • Added to cart alert:「Added to cart redirect」が「No」になっている場合に、商品の上に表示されるアラートの設定になります。「No」のままだと「カートを表示する」という文言が、「Yes」にすると「購入手続き」という文言に変わります。それぞれのリンクも切り替わります。
  • Added to cart link:「Yes」にすると、カートのリンクが決済ページのリンクに切り替わりますが、「Added to cart alert」を切り替えると、自動的にリンクも変わります。
  • Added to cart redirect:「Yes」にすると、ボタンのリンクを変更することができます。そのページの設定は、「Added to cart redirect to」で行います。
  • Added to cart redirect to:「Cart」でカートページ、「Checkout」で決済ページ、「Custom URL」では好きなページにリダイレクトできます。

WooCommerce カートに入れるアラート 2

「Added to cart link」をデフォルトの「No」にしたままだと、「カートを表示」という表記になります。

WooCommerce カートに入れるアラート 1

一方で、「Yes」にすると、「購入手続き」という文言に切り替わります。

Archives

ここでは、ショップページなどの商品一覧が表示されるページでのボタンの表記を設定します。

Direct Checkout for WooCommerce Archives設定 2

  • Replace Add to cart text:「カートに入れる」という文言を変更したい場合は「Yes」に切り替えます。
  • Replace Add to cart text in:どのタイプの商品のボタンを変更するかを選択します。
  • Replace Add to cart text content:ここで、ボタンの文言を設定します。

デフォルトでは、このようなボタンになっていますが、

「Archives」で設定をすることによって、このようなボタンに切り替えることができます。

Products

ここでは、商品ページにおけるボタンの設定をすることができます。

Direct Checkout for WooCommerce Products設定

  • Replace Add to cart text:「No」で「カートに入れる」というデフォルトの文言がボタンに表示され、「Yes」で「Replace Add to cart text content」で設定した文言が表示されます。
  • Replace Add to cart text content:商品のボタンの文言を設定します。

WooCommerce 商品ページのボタンの文言を変更する

例えば、こんな感じで変更することができます。

Checkout

Direct Checkout for WooCommerce Checkout設定

  • Remove checkout fields:決済ページに表示されるフィールドの内、削除したいものがあれば、それをここで選択します。
  • Remove checkout shipping address:「別の住所へ配送しますか?」のセクションを削除するかどうかの設定です。
  • Remove checkout order comments:「注文メモ(オプション)」の項目を削除するかどうかの設定です。
  • Remove checkout policy text:プライバシーポリシーのテキストを削除するかどうかの設定です。
  • Remove checkout terms and conditions:利用規約の記載を削除するかどうかの設定です。
  • Remove checkout gateway icons:決済手段のアイコンを削除するかどうかの設定です。

Direct Checkout for WooCommerce Checkout設定 1

それぞれの設定項目と、位置については上の画像となります。また、最後の項目の「Remove checkout gateway icons」は、決済手段のアイコンを表示するかどうかの設定になりますが、僕が確認した際は、機能しませんでした。

Step3. カートに入れるボタンが決済ページに切り替わっているかチェックする

最後に、カートに入れるボタンが決済ページのリンクに切り替わっているのかを確認していきましょう。

Direct Checkout for WooCommerceの使い方

上の画像のように、商品のボタンが「カートに入れる」ではなく、「購入する」に切り替わり、さらに直接、決済ページへと遷移しました。これで、Direct Checkout for WooCommerceのインストールと実装は以上になります。

まとめ

ということで、今回はWooCommerceで作成した商品のカートに入れるボタンをクリックして、直接決済ページへと移動する方法としてDirect Checkout for WooCommerceというプラグインをご紹介してきました。一旦商品をカートに入れると、カゴ落ちのリスクが増えてしまって、それが嫌だという場合は、ぜひ使ってみて下さい。

KohsukeNemoto.comニュースレターに参加しませんか?

あなたがニュースレターに登録すると、、、

  • 週に1,2回程度のニュースレター
  • 有料販売している5コース(4,900円相当)
  • 新着有料コースの無料提供(不定期)

無料で受け取れます。右(スマホの方は下)のフォームにお名前とEメールアドレスを登録し、無料でニュースレターと特典をお受け取りください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Elementorの使い方を"無料"で学びませんか?

プロのようなランディングページが作れるElementorの使い方が無料で受講できます。