WordPressプラグイン

WordPressでSMTPの設定をする方法:WP Mail SMTPの使い方

これまでに、WordPressを使っていて、メールが送信されないとか、メールの配信に何か問題があったことはないでしょうか?

その原因は、もしかしたら、レンタルサーバーに問題があるかもしれません。というのも、レンタルサーバーはメールを配信することに特化していないことが多く、それゆえに、お問い合わせをもらったり、(ECサイトを運営している方は)購入確認メールが届かなかったり、スパム扱いされてしまうことがあります。

今回は、そんなWordPressの問題を解決するための方法としてSMTPというサービスを導入する方法をご紹介していきます。

そもそもSMTPとは?

今回導入するSMTPって、そもそもどんなサービスなのかというと、メールを代わりに配信してくれるサービスです。つまり、通常はレンタルサーバー経由で送信されるメールが、STMPサービス経由で送信されるようになります。 SMTPの場合は、メールを送信することに特化しているレンタルサーバーみたいなものなので、安定していますし、スパム扱いもされにくいという特徴があります。 次のセクションから、ステップバイステップで、WordPressにSMTPサービスを実装する方法をご紹介していますので、実際に手を動かしながら設定をしてみてください。

Step1. WP Mail SMTPをインストールする

まずは、WP Mail SMTPをインストールしていきます。

WP Mail SMTPプラグイン

ダッシュボードの「プラグイン」の「新規追加」から「WP Mail SMTP」と検索をかけ、「今すぐインストール」、「有効化」を済ませてください。

Step2. WP Mail SMTPの基本設定

WP Mail SMTPのタブ

次に、WordPressに移動し、「WP Mail SMTP」のタブにある「設定」に移動しましょう。

WP Mail SMTPの一般設定

そしたら、次の項目を設定します。

  • 送信元メールアドレス:差出人のメールアドレスを入力します。
  • フォーム名:差出人の名前を入力します。
  • メーラー:今回はSendinblueを選択します。
  • APIキー:SendinblueのAPIキーを入力します。(Sendinblueの契約はStep3でご紹介すます。)

Step3. SMTPサービスを契約する

Sendinblueの「Get Sendinblue Now Free」ボタンをクリック

次に、Sendinblueの契約をしていきます。契約といっても、1日に300通であれば、無料で送信できます。無制限にしたい場合は、有料契約する必要がありますので、ご注意ください。

Sendinblueの公式サイト

こちらのページに移動してきたら、画面右上の「Sign up free」という青いボタンをクリックします。

Sendinblueでアカウントの登録

すると、このような画面が表示されます。

  • Company name:会社の名前
  • Email address:Eメールアドレス
  • Password:パスワード

これら3つの情報を入力して「Get Started」するか、「Sign up with Google」ボタンをクリックして、Googleのアカウントで登録してください。

SendinblueのComplete your profile

そしたら、次の画面で、プロフィール情報を入力していきます。

  • First name:名前
  • Last name:苗字
  • Country:Japan
  • Phone number:電話番号(市外局番以降)
  • Company / Organization:会社名(個人の場合は個人名)
  • Website:ウェブサイト
  • Street address:住所の通り名
  • ZIP code:郵便番号
  • City:市区町村名
  • Country:Japan
  • Business Activity:ビジネスのジャンル
  • Company Size:従業員数
  • How many contact do you have now:所有しているメルマガリストの数(0でOK)

これらを入力し終わったら、「I agree to the Terms of Service and Anti Spam Policy of SendinBlue.」にチェックを入れて、「Complete my profile」ボタンをクリックしましょう。

Validate your account e1608353025104

この画面では、登録した電話番号宛にSendinblueからコードが届きますので、スマホをチェックして、記載されているコードをこの画面に入力します。もし届いていない場合は、ちょっと時間を開けるか、それでも届かない場合は、「send it again」というリンクをクリックして、もう一度コードを送ってもらいましょう。また、電話番号の記載ミスかもしれませんので、その可能性があるのであれば、「Modify phone number」をクリックして、電話番号を修正します。

Sendinblueのフリープランを選択 e1608352947140

次に、プランを選択します。今回は、無料プランの契約になりますので、「Free」の「Continue with a Free plan」ボタンをクリックして、次に移動します。

Sendinblueのダッシュボード

すると、このようなダッシュボードに移動してきます。これで、アカウントの登録は以上です。

Step4. WP Mail SMTPとSendinblueを連携する

SendinblueのSMTP API

Sendinblueのダッシュボードの右上にあるアカウントボタンを開いて、「SMTP & API」に移動します。

SendinblueのAPIキー

そしたら、「API KEY」にあるコードをコピーしてきましょう。

SendinblueのAPIキーを入力

そして、WP Mail SMTPの設定画面に戻り、「APIキー」の欄に記入して、「設定を保存する」ボタンをクリックすれば、WP Mail SMTPとSendinblueの連携は完了です。

Step5. テストメールを送信してみる

最後に、SendInblue経由でメールが送信されるのか、テストメールを送信してみましょう。

WP Mail SMTPの「メールテスト」

まずは、WP Mail SMTPの「メールテスト」タブに移動し、「メールを送信」ボタンをクリックします。すると、「送信先」に入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

WP Mail SMTPのテストメール

こちらが、テストメールです。全部英語になっていますが、外観が同じであれば問題ありません。

メールの差出人を確認

それからもう一つ確認していただきたいものがあります。それは、上の画像のように、差出人の名前の後ろに「sendinblue.com 経由」というテキストが追加されているかどうかです。ちゃんと「sendinblue.com 経由」と表記されていれば、問題ありません。

もしWP Mail SMTPを使ってもメールが送れない場合は?

WP Mail SMTPでは、他のプラグインとの干渉やレンタルサーバーの環境によってはメールが送信できない場合があるみたいです。レンタルサーバーが原因と思われる場合は、サーバーのサポートにご連絡いただければと思います。プラグインに関しては、以下のプラグインとの干渉が報告されています。

  • UpdraftPlus:WordPressのバックアップが取れるプラグイン
  • Simple Calendar:Googleカレンダーをサイトに埋め込むためのプラグイン

など。これらのプラグインをインストールしていてもメールが送信できていれば良いですが、インストール済でメールが送れないのであれば、無効化をしてみてください。

まとめ

今回は、WP Mail SMTPという無料でSMTP経由でメールが配信できるプラグインをご紹介してきました。これまでWordPressでメールが送信できなかったとか、配信できても、スパム判定されてしまっていたという方は、今回ご紹介して手順でインストールしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です