(↑Pinterestでシェアお願いします!)

Elementor Proのスティッキーエフェクトの使い方

執筆者 | 更新日 2020年07月08日 | Elementor Proの使い方 | コメント0件

Elementor Proを使っていて、ヘッダーを上部に固定化したいとか、特定のウィジェットを画面上にフローティング(追尾型)で表示させたいと思ったことはありませんか?

Elementor Proには、セクションやウィジェットを固定化することができますので、その方法をご紹介していきます。

重要この記事で使用するElementor Proは有料のプラグインになります。こちらの公式サイトで契約を済ませてください。

Elementor Proで作成したヘッダーを固定化する方法

まずは、Elementor Proのテーマビルダーを使ってヘッダーを作成しておきましょう。

Elementor Proでのヘッダーの固定化設定

そしたら、作成したヘッダーのセクションを開き、「高度な設定」に移動します。

Elementorでページのレイアウト設定

また、ヘッダーを表示するためには、それぞれのページでの設定も必要です。ページの編集画面の左下で「設定」をクリックし、「固定ページレイアウト」で「デフォルト」か「Elementor 全幅」を選択します。

Elementor Proでヘッダーを固定化する

すると、このように、記事でヘッダーを固定化して表示することができます。

ウィジェットを固定化してお問い合わせを促す方法

あとは、ウィジェットを固定化してお問い合わせを受けるということもできます。企業のサイトを運営している方は、お問い合わせページという専用のページを作成すると思います。そのページでは、お問い合わせフォームを埋め込みますが、スクロールしていくと、フォームが途中から目に入らなくなってしまいます。

でも、ウィジェットを固定化させておくことで、常時お問い合わせ情報を見せることができます。

ウィジェットを固定化しお問い合わせフォームまでページ内ジャンプさせる

Step1. お問い合わせウィジェットもしくはセクションにCSS IDを設定する

まずは、お問い合わせウィジェット、もしくはセクションにCSS IDを割り振ります。どちらでもOKなのですが、おすすめは、セクションです。

セクションにCSS IDを追加

今回もセクションで設定していきますが、まずはセクションで「高度な設定」を開きます。そして、「CSS ID」にテキストを記入します。このテキストは、アルファベットであれば何でもOKですが、わかりやすいように「contact」が良いと思います。

Step2. アイコンウィジェットを追加する

既存のセクションにアイコンを追加する

まずは、アイコンウィジェットを既存のセクションの中に追加します。このとき、新しくセクションを作成して、その中にアイコンを追加しないようにしてください。そうすると、外観が変になってしまうので、必ず既存のセクションの中に追加します。場所はどこでも構いません。

Step3. アイコンにリンクを追加する

アイコンにページ内ジャンプのリンクを設定

次に、アイコンにリンクを追加していきますが、これは、通常のリンクではなく、ページ内ジャンプのものが必要なので、「#contact」を入力しておきます。もし、Step1で設定したCSS IDのテキストが別のものであれば、「#」のあとのテキストを設定したテキストに変換しておいてください。

Step4. 好みに合わせてデザインを変更する

次に、アイコンのデザインを好みに合わせて設定していきます。僕は、今回は以下のように設定しました。

  • 表示:重ねる
  • メインカラー:テーマカラー(#A2D9FC)
  • サブカラー:白(#FFFFFF)

Step5. アイコンを固定化する

最後に、アイコンを固定化する作業をしていきます。「高度な設定」の「配置」で「カスタム」を選択し、「位置」では「Fixed」を選びます。次に、「Horizontal Orientation」で画面の左にアイコンを表示するのか、右にするのか、「垂直方向」で画面の上か下かを選びます。最後に、「オフセット」で左右上下の画面からどれくらい隙間を開けるのかを調節します。今回は、上の方のオフセット(画面左の隙間)を「20」、下の方のオフセット(画面下の隙間)を「10」に設定しました。

Elementorのアイコンの固定化

すると、この画像のように、アイコンを左下に固定化させることができるようになります。

ウィジェットを固定化し電話できるようにする

Elementorで電話番号のリンクを追加する方法

店舗のホームページを作成している方の中には、電話で予約を受け付けたいということもあるかもしれませんが、その場合は、リンクに「tel:012345678」と入力します。

Elementor Proで動的タグを選択する

Elementor ProにはSmart Link(スマートリンク)という便利な機能があるので、それを使って設定も可能です。リンクの「動的タグ」のアイコンをクリックします。

Elementor Proの動的タグでContact URLを選択

そして、「アクション」の中にある「Contact URL」を選択します。

Elementor ProのContact URLでタイプを選択

「タイプ」で「Email」を選択します。

Elementor ProのContact URL

最後に、番号の欄に電話番号を入力して完了です。これで、アイコンをクリックしたときに、電話がかけられるようになります。

ウィジェットを固定化しメールを送れるようにする

メールも電話と同じ要領で設定できます。「mailto:info@example.com」と入力してもOKですし、動的タグを使用しても設定可能です。

Elementor ProでクリックしてEメールを送る設定

「動的タグ」をクリックして、「Contact URL」を選び、Eメールの設定をしていきます。

  • タイプ:Emailを選択
  • Email:送信先(あなたもしくはあなたの会社のEメールアドレスを記入
  • Subject:(必要があれば)件名を記載
  • Message:(必要があれば)デフォルトの内容を記載

この設定をして完了です。

Elementor ProでクリックしてEメールを送れるようにする方法

アイコンをクリックすると、この画像のように自動的にEメールのアプリが開かれます。

Elementorの使い方を動画レクチャーで網羅的に学びませんか?
 

無料でオンラインコースを受講できます。

・Elementorのウィジェットの使い方

・ランディングページの作り方

・テンプレートの使い方

 

以下のボタンから、無料でオンラインコースに登録し、今すぐアクセスしてください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Elementor Proの使い方

無料でElementor Proの使い方を

網羅的に学びませんか?
 

基本的なウィジェットの使い方から、ページを作成する方法までカバーしています。デザイン性の高いランディングページの作成を考えている方にオススメです。 下のボタンから無料で受講できます。

かっこいいLP作りたくないですか?