(↑Pinterestでシェアお願いします!)

Elementorにおすすめな無料テーマまとめ

執筆者 | 更新日 2020年04月15日 | Elementorの使い方 | コメント0件

こんにちは根本です。最近はElementorを使う方が増えてきている印象ですが、Elementorを使うにあたって、どんなテーマを使えば良いのか迷っているのではないでしょうか?この記事では、そんなElementorにおすすめなWordPressテーマをご紹介していきます。

テーマによってはElementorが使えないことも!?

今までに、Elementorを使って不具合が起こった事はありませんか?実は、Elementorは全てのテーマや環境で使える訳ではありません。テーマは、ほとんどのテーマで不具合が生じると思った方が良いかもしれません。WordPressに備わっている全ての無料テーマをチェックした訳ではありませんが、チェックしたテーマは全部不具合が生じてしまいました。なので、あまり使用しないほうが良いと思います。

Elementorが使えるおすすめのテーマ

まずは、いろんな用途に使えるテーマをご紹介していきます。

Hello Theme

Hello

Hello ThemeはElementorが公式に無料で配布しているテーマです。びっくりするくらいシンプルになっています。Elementorが公式に公開しているという点で、信頼性は一番ありますが、全部のページをElementorを使ってデザインしないといけないという欠点があります。

一旦ページを作成すれば、それをテンプレートとして保存し、次回、そのテンプレートを使って記事を作成することもできますが、Elementorの編集画面での執筆になります。つまり、ブログを書く際もElementorの編集画面でデザインを設定し、記事を執筆しないといけません。ブログは手軽に、簡単に書きたい方が多いと思うので、これは結構痛い欠点なのではないかと思います。

Astra

Astra

Astraも非常に人気にテーマで、2020年4月現在、70万人以上の人が使用しています。表示スピードが早いので、とにかくスピード重視という方は、Astraがおすすめです。しかも、たくさんのデモサイトが用意されていて、それをそのまま使用することができ、デザインの手間が省けます。

Astraの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • JQueryを使わないのでスピードが速い
  • ファイルサイズが50KB~
  • SEOフレンドリー
  • オープンソース
  • WooCommerceと連携
  • デモサイトのインストール:Astraで作成されたデモサイトを丸々インストールする機能です。

OceanWP

OceanWP

OceanWPもトップクラスの人気を誇ります。2020年4月時点で240万サイトで利用されています。

OceanWPの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • WooCommerceと連携
  • SEOフレンドリー
  • デモサイトのインストール:OceanWPで作成されたデモサイトをそのまま使用できます。

GeneratePress

GeneratePress

GeneratePressは、かなりファイルサイズが軽いです。以下でも記載していますが、30KBとなっています。

GeneratePressの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • 容量が30KB~
  • SEOフレンドリー

Hestia

hestia

Hestiaは、Themeisleというサイトで配布されているテーマです。あまり数はありませんが、デモサイトを使用することができます。

Hestiaの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • SEOフレンドリー
  • WooCommerceとの連携
  • デモサイトのインストール:Themeisle(Hestiaを提供しているサイト)で作成されたデモサイトを使用できます。

Page Builder Framework

Page Builder Framework

Page Builder Frameworkはシンプルを売りにしているテーマです。

Page Builder Frameworkの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • SEOフレンドリー
  • WooCommerceとの連携
  • オープンソース

Phlox

PhloxはElementorにも認可されているテーマで、いろんな用途で使用することができる万能なテーマです。

Phloxの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • SEOフレンドリー
  • WooCommerceとの連携
  • 画像の自動最適化:スマホでページを表示する場合は、画像のサイズを自動的に最適化してくれるので表示スピードを上げてくれる効果があります。
  • 画像読み込みの遅延:a3 Lazy Loadなどのように画像の遅延機能が備わっているので、表示スピードアップを期待できます。

LayersWP

Layers

LayersWPは、かつては独立したサイトでしたが、今はElementorに買収されました。なので、Helloテーマくらいの安心感があります。

LayersWPの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • WooCommerceとの連携
  • ロゴのリサイズが可能
  • ブログのスタイルがカスタマイズ可能
  • ヘッダーのカスタマイズが可能
  • サイト全体でのボタンのカスタマイズが簡単

Zakra

Zakra

Zakraは、いろんな用途に使えるテーマです。

Zakraの基本的な特徴

  • レスポンシブ
  • SEOフレンドリー
  • WooCommerceとの連携
  • デモサイトのインストール:ThemeGrill Demo Importerというプラグインをインストールすることによって、デモサイトを使用できます。

Elementorにおすすめのテーマのパフォーマンス

このセクションでは、上記にご紹介したテーマのパフォーマンスをチェックしてみました。どれも同じ条件下で測ってみたので、チェックしてみてください。とはいっても、僕はディベロッパーではないので、単純に表示されたスコアやスピードを表示しておきます。

Elementorに最もおすすめなテーマ・ベスト3

ここまででたくさんのテーマをご紹介してきました。もしかしたら、自分で選べないという方もいらっしゃると思うので、僕が勝手にベスト3ということで、とりあえずこの3つの内、どれかを使っておけば問題ないというテーマをご紹介していきます。

  1. Astra
  2. Ocean WP
  3. Hello

この3つです。これらのテーマはどんな用途でも使えますし、パフォーマンスも申し分ありません。特に、AstraとOcean WPは、LPを作るのはもちろん、ブログやECサイト、オンラインコースなどあらゆる用途で使用できるテーマです。Helloテーマは、ブログ機能を必要としないサイトであれば全然問題ありません。

用途別Elementorのおすすめテーマ

次に、用途別におすすめテーマをご紹介していきたいと思います。ブログを作成したいとか、ブログもLPも作成したいという方であれば、僕はサブドメインでElementorを使ってLPだけのサイトを作成しています。

ブログとLPを作成する方におすすめのテーマ

まずは、ブログとLPを作成する方におすすめのテーマをご紹介します。先ほどご紹介したテーマは全てLPが作成できますが、この場合は、ブログ記事が作成しやすいものを選択すると良いです。したがって、Hello Theme以外のテーマを使うと良いと思います。AstraやOceanWPはもちろん、Layersもブログ機能が優れているのでおすすめです。

LPのみを作成する方におすすめのテーマ

僕が所有しているサイトの中には、LPのためだけにWordPressをインストールしているというものもあります。同じように、全てのページをElementorで作成するという場合は、最もシンプルなHelloテーマが良いのかなと思います。

ECサイトを作成する方におすすめのテーマ

次にECサイトを作成する方におすすめのテーマです。WordPressでECサイトを作成するとなると、ほとんどの場合はWooCommerceというプラグインを使用することになると思うので、WooCommerceに適したテーマをご紹介します。

また、WooCommerceのページをデザインするとなると、Elementorの無料版ではなく、有料版のElementor Proが必要になってきますので、その点はご注意ください。

Woostify

Woostify 1

Woostifyは、WooCommerceを使うことを前提としたテーマです。上には上げていませんでしたが、Elementorをはじめとするページビルダープラグインとの相性も良いので、ECサイトを運営する方にはぴったりのテーマです。

オンラインコースを作成する方におすすめのテーマ

WordPressではオンラインコースを作成することができるプラグインがあります。例えば、LearnDashやLifterLMSなどです。これらのプラグインを使用するのであれば、Astraがベストだと思います。もちろん、他のテーマでも使えなくはありませんが、公式ホームページでもLearnDash・LifterLMS共にうまく連携できると記載されていますので、これらのオンラインコース作成プラグインを使うのであれば、Astraを使うと良いのかなと思います。

小テーマはあるの?

人によっては、小テーマを使いたいことがあるかもしれません。テーマによっては無料で配布されている場合があります。今回は、小テーマが無料で配られているものをご紹介していきます。

Ocean WP

Ocean WP Child Theme

Ocean WPは、こちらから小テーマをダウンロードできます。シンプルに「DOWNLOAD SAMPLE CHILD THEME」ボタンをクリックすると、サンプルの小テーマがダウンロードできます。

Astra

Astra Child Theme

Astraの場合は、小テーマを自動で作成してくれます。こちらからダウンロードページに移動します。そしたら、「Child Theme Name」の欄に小テーマの名前を入力して、「Generate」ボタンをクリックすれば、小テーマをダウンロードできます。

Hestia

Hestia Child Theme

Hestiaの場合は、こちらに移動し、「Hestia(Lite) Child Theme」のリンクをクリックしてダウンロードします。

Page Builder Framework

Page Builder Framework Child Theme

Page Builder Frameworkは、こちらから「Download」ボタンをクリックすれば、小テーマをダウンロードできます。

Elementorの有料のテーマは使うべき?

Elementorの有料のテーマというのも販売されています。AstraやOcean WPは無料のテーマを手に入れることができますが、有料のものも販売されています。しかし、基本的には無料で事足りると思いますので、わざわざお金をかけて有料版にしなくても良いのかなと思います。

Elementorの使い方を動画レクチャーで網羅的に学びませんか?
 

無料でオンラインコースを受講できます。

・Elementorのウィジェットの使い方

・ランディングページの作り方

・テンプレートの使い方

 

以下のボタンから、無料でオンラインコースに登録し、今すぐアクセスしてください。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Elementorの使い方

無料でElementorの使い方を網羅的に学びませんか?
 

基本的なウィジェットの使い方から、ページを作成する方法までカバーしています。デザイン性の高いランディングページの作成を考えている方にオススメです。 下のボタンから無料で受講できます。

かっこいいLP作りたくないですか?

Elementorの使い方を"無料"で学びませんか?

プロのようなランディングページが作れるElementorの使い方が無料で受講できます。